男のイタリアン / 素パスタがおいしい。―心地いい暮らしがしたい (オレンジページムック) /

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.01.26 Friday
  • -
  • -
  • -

時には・・・。

時にはこういう風に帯鋸で製材もします。



帯鋸を持っている工務店もまずいないでしょうね。
加工場を持っているところもほとんどない状況ですから、帯鋸なんてもってのほかって
感じでしょうか。

うちの会社ではそんなこと言ってられません。
手で持てるものは大体必要とあらば修正挽きをしたり、大きな材料を割って小さなものを
とったりします。



社長もお手伝い。笑



今回は野地板を何枚か取りました。



どちらかと言うと特殊材ですね。



これは材料の一面を平にしてるところです。
平にした面を帯鋸で挽くときにガイドに合わせて、真っ直ぐ引くためです。
これをしないと、挽いた時に材料がデコボコで使い物にならなくなります。

上の機械は柱を平、直角(2面)にするときにも使います。
その後、左の機械で残りの2面を分(厚み、成)を揃えます。

他の工務店では寸法が決まっている製品を買うので、この必要がありません。

うちの会社では丸太を買って製材所で製材をして、荒木のものを自分たちで寸法を
揃えます。

この利点としては、自分の目で見て確かめた材料を自分の使う場所に応じて自分で
その場で加工が出来るということです。

この様にして、現場では見えないところで手間を掛けるからこそ、喜んでいただける
建物ができるのです。

手間を掛けるもう一つの理由は、社長初めうちの職人ともども、木が好きだということでしょうか。笑





 

スポンサーサイト

  • 2018.01.26 Friday
  • -
  • 18:44
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links