男のイタリアン / 素パスタがおいしい。―心地いい暮らしがしたい (オレンジページムック) /

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.01.26 Friday
  • -
  • -
  • -

T邸竣工

 
T邸竣工しました。




シンプルな庇に栗の玄関扉が映えますね♪















リビングにはふるーいヨーロッパのステンドガラスを入れました。
カッティングがすごくきれいで陽が当たるとものすごくきれいです。








金箔

 
この間、お茶のことでいろいろと調べていてちょっと衝撃的なことを
しりました。

茶入れの蓋の裏には金箔が貼られているんですが、この理由というのが

「金は毒に反応するので、蓋の裏をみて毒が盛られているかどうか
確認するという昔の風習が残っている。」

って言うことなんですが。。


実は金はどんな毒にも反応しないらしいんです!!

がーーん・・・。

今までずっと信じてました。

すごいショック。

あるHP では、大概そういう説明をされますがそれは嘘です。

これをみた人は、これからは言わないように!

なんていう始末。。


これを読んで、すごいショックだったんですが何か腑に落ちなくて
いろいろ調べてみたんです。

そしたら、やっぱり金は何にも反応しないんだそうです!


但し!

ここからが大事。


金は水銀と反応(厳密には反応じゃない?)し、金アマルガムになる。

用は、水銀に金が溶ける。

厳密には溶けてはいないが、見た目がそういう感じになるんだそうです。

ちなみにここに書いてます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A0


ということで、茶入れの裏蓋の金箔の件もあながち嘘じゃない?ってことですよね。

一応水銀には反応?するわけですから。

逆に言えば、この当時の毒の主流が水銀ってことも言えるわけですよね。

おそらく・・・。

ちなみに、このアマルガムですが当時は金箔を貼る技術の一つとして
一般的に広く使用されていたそうです。

奈良の大仏もそうらしい。

ただこの技術、金アマルガムを対象物にかけた後、対象物を熱して水銀をとばす
ことで対象物に金を貼る(覆う)技術のため、水銀中毒が蔓延したそうです。

当時は大仏の建造が盛んでしたからすごい状態でしょうね。
都の移転もこれが原因という人がいるくらいですから。

それと、茶入れの蓋に使われる象牙は青酸系の毒に反応するらしいです。

これが理由で象牙の蓋なのかは不明ですが・・・。

以外にこっちのほうが本命だったりして?





ものづくり。

 
先日お施主さんから、街中にこんなのが出来たの知ってました?

って聞かれました。


ぜんぜん知りませんでした。

http://flat-sendai.com/


一般の人も使えるものづくりスペース。

3Dプリンタなんて今時ですね。

自分だったら何を作ろうか・・・・・。



う〜〜ん、思考停止。

あきませんね。

頭カチカチです。笑





家具工房見学

 
先週の土曜日はアンとサンディーと早川さんご夫妻と、知り合いの
家具工房の見学に行ってきました♪

サンディーは特に興味津々で、機械が置いてある部屋をみて

こんな部屋がほしい♪

って言ってました。笑

見学の後はみんなで飲みニケーション。

あ、私は運転手ですけど。

すごい楽しい一時でした。


DSC_0032.jpg

アンが写真を撮ってる風景を撮る私。
それをサンディがまた後ろで写真撮ってました。笑



| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2013 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links